​営業時間

 

open 11:00-17:00

close   日・祝(不定休)

tel: 075-286-4815

mail:   info@gekkosha.kyoto

【事務所】〒603-8215

京都府京都市北区紫野下門前町66番地8

株式会社 月虹舎

京きもの | 蓮佳-renca- 

​ご利用ガイド

shop info​

​ご来店について

只今移転拡充準備中の為、ご来店は京都岡崎の旅館、「山科別邸・源鳳院」にて承っております。

恐れ入りますが​ご来店の際は事前にご希望日時をお知らせくださいませ。

定休日のご来店をご希望の場合は、ご都合に合わせて調整させて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

​ニュースレター購読

​SNS follow us

  • Grey Facebook Icon
  • グレーInstagramのアイコン

Copyright 2017 gekkosha.ltd.

 

着物の世界には、沢山の美しい言葉が溢れています。

その一つが「雲錦(うんきん)模様」と呼ばれる、桜と紅葉を取り合わせた意匠です。

古今集の和歌、「見わたせば 柳桜をこきまぜて 都ぞ春の 錦なりける」という歌と、「ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」という有名な2首に見られるように、例えようもなく美しい桜と紅葉は、錦と謳われてきました。

春の佐保姫と、秋の龍田姫は何れも染織の神でもあります。

神話の世界が和歌に詠み込まれ、琳派の絵画や器に描かれ、そして着物へと形を変えて継承されてきた、日本人の心に刻まれた風景です。

 

今回、蓮佳留型として「雲錦模様」の帯留をリネアドットの中村ゆき子さんに制作して頂きました。

フィレンツェで彫金を学んだ女性作家がデザインする、繊細な帯留。

今回の見どころは、紅葉と桜の金属とは思えない程の柔らかさ。

そして、中村ゆき子さんのこだわりで、紅葉の種子、プロペラの翼が隠れています。

 

中村ゆき子さんの作品は、ご自身が着物をお召しになるだけあって、着物の所作を邪魔せず、かつ見た目に重厚感がありながら軽いという「着る人」の立場に立った物創りをなさいます。

この帯留も例外でなく、大ぶりでありながら軽いのが嬉しいところ。

また、美は細部に宿ると言いますが、前から見ただけでなく後ろ側も美しい。

随所に中村さんの美意識の宿る帯留です。

 

着る人にとってもう一つ嬉しいのが、逆V字になっているので、中央の重心が下がることにより遠近感が出て着やせ効果があることです。

また、体のカーヴに添って緩やかに円を描いて制作されている為、帯にフィットし、帯留が突っ張ることがありません。


「雲錦模様」の紅葉と桜が美しく描き出された帯留は、春秋使えるので着こなしの楽しみが増えますね。

 

---------------------------

 

【ご着用シーン】

 

やわらかもののお出かけ小紋に合わせて、また付下訪問着に合わせて観桜の会、紅葉狩などに。

また、花の季節と違う場合に「西行桜」や「義経千本桜」「道成寺」「紅葉狩」など、桜や紅葉に縁のある演目を観劇なさる時にもお使い頂けます。

 

【 中村ゆき子 】

 

デザイナー・中村ゆき子が手掛けるハンドメイドジュエリー。

自然界の数理的な造形にインスパイアされ、幾何学に独自のスタイルでアプローチする一方、フィレンチェで学んだ手彫り装飾をシンプルでモダンなフォルムに仕立てるなど、空間軸、時間軸の広がりを意識したデザインで、探究心ある女性のエレガンスを追及することを目指しています。

 

中村 ゆき子

1982年 京都生まれ。

大学で西洋史を専攻した経緯から、装飾と社会文化のあり方に関心をもつようになる。
卒業後、彫金によるジュエリーメイキングを学びはじめ、関西を中心にさまざまな指導者のもとで制作技術を磨く。

2011年から一年間、イタリアに滞在する。
フィレンツェの宝飾専門学校にて伝統的な手彫り装飾技術に出会い、 その金属表現の美しさに魅了される。

帰国後、京都を拠点に制作活動を開始。
2013年からブランド名を「リネアドット」として百貨店催事に出店するほか、和装小物の開発などに携わる。

帯留 | 「雲錦」 銀細工

¥45,000価格
季節
  • 商品詳細

    • 素材  銀
    • サイズ 三分紐用
    • 長さ  56mm
    • 幅   30mm
    • 季節  袷
    • TPO お出かけ小紋・付下訪問着