花筏の染帯


「花筏」

桜の花びらが川面を束になって流れていく様を筏に例えて表した美しい言葉は、春の季語です。

工芸意匠としても古くから伝わり、中でも高台寺蒔絵の花筏は有名です。

筏は、人生という大きな川をたゆたう我々自身の比喩でもあります。

儚くも、その生命は実に美しいもの。

同じ桜を見ることは二度とないように、一瞬一瞬の時を大切に噛みしめていきたいものです。

この染帯は、初夏まで楽しめるよう移ろいゆく春の風景を花筏に乗せて表現しました。

帯の紋丈を長く取りましたので、藤の季節は上部を、青紅葉の5月頃は帯の下部を出すように締めていただきますと長く楽しんでいただけます。

#染帯

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • insta

​営業時間

 

open 11:00-17:00

close   日・祝(不定休)

tel: 075-286-4815

mail:   info@gekkosha.kyoto

【事務所】〒603-8215

京都府京都市北区紫野下門前町66番地8

株式会社 月虹舎

京きもの | 蓮佳-renca- 

​ご利用ガイド

shop info​

​ご来店について

只今移転拡充準備中の為、ご来店対応は京都・東京の出張先か、展示会にて受付させて頂いております。

恐れ入りますが​ご来店の際は事前にご希望日時をお知らせくださいませ。

定休日のご来店をご希望の場合は、ご都合に合わせて調整させて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

​ニュースレター購読

​SNS follow us

  • Grey Facebook Icon
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン