狩野永徳画、「弥陀三尊来迎図」を拝見した時に感動したのは、弥陀三尊のご尊顔に加え、背景の五色の来迎の雲の美しさでした。

たなびく雲の流れが滑らかで、うっとりするような彩雲は、今でも目に残っています。

 

その雲の印象を染帯にしたいと構想していた時に老舗の白生地屋さんで出会ったのが「雲紋」の紋意匠生地でございました。

通常は同じ柄を重ねるのはくどいように感じますが、着物でも無双をするように、柄で無双にしてみよう、と思い立った実験は、中々うまく乗ったように思います。

 

地組織の細かな雲紋に、胡粉ぼかしで白を挿し、京繍で薄金、銀、白、白に銀をラメのように絡めた糸で刺繍しております。

彩色を廃したのは、瑞雲とも来迎の雲ともとれるよう、慶弔両用使いでお召し頂けるようにしたためです。

 

以前お稽古しておりました日舞やお琴の舞台で、「追善公演」に出演させて頂いた時、下合わせ(リハーサル)は普通の小紋に染帯で伺うのですが、その着物を選ぶ時、手元に慶事通常用の持ち合わせしかなく、「お追善の舞台であるのに、その下合わせから喪の気持ちを表す装いであった方が良いのでは?」と思ったことがございます。

 

伝統芸能のお稽古をなさっておられる方や、ご贔屓の役者さん、アーティストの方がいらっしゃる方は、特にこのような時の装いに頭を悩ませることがあるのではないでしょうか。

 

出演者としても装いに頭を悩ませますのに、招かれた側、観劇にいらっしゃるお客様側の装いはもっと気を遣われることと存じます。

そのような時にこの帯がありましたら、着物を地味な色にしていただいて、帯締めを白一色や銀、鼠色、藍など寒色系にして頂くだけで服喪の装いとなります。

 

最近は家族葬も増え、後日ホテルで偲ぶ会が開かれることもございます。

そのような時にホテルに真っ黒では入りにくいですし、故人を偲びつつ、ご参列の方からも浮かない品で、且つ弔いの場だけ用でないものがありますと、「これが箪笥にあって良かった」と感じて頂けることと思います。

 

---------------------------

 

【 ご着用シーン 】


お稽古、お出かけ、お追善に。

 

---------------------------

 

【伝統色のパーソナルカラー、夏、花散里】

 

サマーさんがお似合いになるのは、青味で彩度が低めの紫です。

こちらはサマーさんらしく、刺繍も薄金と銀、白のみで仕上げました。

染帯 | 雲紋意匠 紅桔梗色 瑞雲

¥257,000価格
季節
: 古代紫
伝統色のパーソナルカラー
  • 商品詳細

    • 素材  正絹
    • 季節  袷
    • TPO お稽古、お出かけ、お追善に
    • お仕立て納期  ご注文受付から約1カ月~一カ月半(ご着用日が決まっている方はご相談ください)
  • 帯のお仕立てについて

    帯のお仕立て方法についてはこちらよりお選びくださいませ。

    相談をご希望される場合はこちらよりお問い合わせください。

  • 購入前のお手元現物確認・お取り置きについて

    購入を検討してくださっている方も、写真だけでは質感や実際の色がわからずご不安に思われていらっしゃると思います。

     

    もしご来訪頂くか、展示会及び出張先にご足労頂ける方、及び関西圏(愛知から兵庫まで)ご在住でご自宅訪問可の方は、実際の品をご確認頂けるまで、一週間の期間でお取り置きをさせて頂きます。

     

    直接確認が難しい方は、商品代金を一旦お振込み頂けましたらご自宅まで未仕立ての状態でお届けさせて頂きます。

    お手元で確認して頂き、イメージと違いましたら往復の送料に加え、梱包手数料(一律¥1,080‐)を差し引いた金額を返金させて頂きます。

    お気に召して頂けた場合は送料・手数料共に弊社で負担の上、お仕立てにかからせて頂きます。

     

    ご相談・お問い合わせはこちらまでお願い致します。