本歌は江戸時代の茶屋辻で、驚く程柔らかく織り上げられた大麻の生地に藍棒で絵描かれた帷子の残欠です。


その美しさを表現したいと、夏の染帯にアレンジしました。

現代の装いに合うように、絹芭蕉地に友禅で表現しています。

絹芭蕉は、芭蕉布の風情を絹で表現した生地で、節糸や自然な生成地が洒落た味わいです。

シャリ感のある生地ですので、盛夏にも涼やかにお召し頂けます。

友禅師さんに、「無作為に、生地の浸み込み具合で自然とそうなったように、自然なグラデーションに挿してほしい」とお願いし、イメージ通りに仕上げて頂きました。

藍色の美しさは、日本人の遺伝子に浸みこんだ色です。


江戸時代の千鳥の図案は今の文様化された千鳥と違い、伸びやか、且つおおらかに描かれています。
千鳥は世間の荒波に例えた波と共に描かれ、「荒波を乗り越える」ことから家内安全や夫婦円満の柄として使われる意匠です。
また、「千取り」とかけて目標達成の演技柄に。千に群れる様子から良縁・仲間に恵まれる縁起柄としても使われます。

 

---------------------------

 

【 ご着用シーン 】

 

お出かけ、夕涼み会、七夕会に。

 

---------------------------

 

【伝統色のパーソナルカラー、秋、秋好中宮】

 

このような茶屋辻模様は全てのシーズンの方にお似合いになりますが、敢えて挙げるなら、シックな印象ですのでオータムさんかサマーさんに映える配色です。

 

 

※こちらの染帯は、関西腹にしか柄を置いておりません。

関東巻の方はお腹が無地になりますので、お使いの手をご確認くださいませ。

※関西巻は、ご自身から見て右肩に手先を置いて巻き始め、心臓から右手側に回す巻き方です。

お太鼓を作った時の手先の端は、お太鼓の左に出ます。

染帯 | 絹紅梅 波千鳥 茶屋辻染帯

¥209,000価格
  • 商品詳細

    • 素材  正絹
    • 季節  夏単衣
    • TPO お出かけ、夕涼み会、七夕会に。
  • 帯のお仕立てについて

    帯のお仕立て方法についてはこちらよりお選びくださいませ。

    相談をご希望される場合はこちらよりお問い合わせください。

  • 購入前のお手元現物確認・お取り置きについて

    購入を検討してくださっている方も、写真だけでは質感や実際の色がわからずご不安に思われていらっしゃると思います。

     

    もしご来訪頂くか、展示会及び出張先にご足労頂ける方、及び関西圏(愛知から兵庫まで)ご在住でご自宅訪問可の方は、実際の品をご確認頂けるまで、一週間の期間でお取り置きをさせて頂きます。

     

    直接確認が難しい方は、商品代金を一旦お振込み頂けましたらご自宅まで未仕立ての状態でお届けさせて頂きます。

    お手元で確認して頂き、イメージと違いましたら往復の送料に加え、梱包手数料(一律¥1,080‐)を差し引いた金額を返金させて頂きます。

    お気に召して頂けた場合は送料・手数料共に弊社で負担の上、お仕立てにかからせて頂きます。

     

    ご相談・お問い合わせはこちらまでお願い致します。

​営業時間

 

open 11:00-17:00

close   日・祝(不定休)

tel: 075-286-4815

mail:   info@gekkosha.kyoto

【事務所】〒603-8215

京都府京都市北区紫野下門前町66番地8

株式会社 月虹舎

京きもの | 蓮佳-renca- 

​ご利用ガイド

shop info​

​ご来店について

只今移転拡充準備中の為、ご来店対応は京都市岡崎の旅館、「山科伯爵邸・源鳳院」にて承っております。

恐れ入りますが​ご来店の際は事前にご希望日時をお知らせくださいませ。

定休日のご来店をご希望の場合は、ご都合に合わせて調整させて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

​ニュースレター購読

​SNS follow us

  • Grey Facebook Icon
  • グレーInstagramのアイコン