金銀糸をグラデーションに配し、吉祥を予感させる瑞雲を組の中に表現した帯締めです。

金銀糸は全通ではなく片水引でかき消しに組み込み、締めた時にすっきりと見えるようデザインしました。

たなびく瑞雲はまるで鳳凰の出現の前触れのようです。

 

帯締めに使う糸は、帯を締める用途からして、摩擦に耐えうるよう通常撚りを強くかけたものを使用します。

糸は撚りをかければかけるほどマットな質感となり、色も沈みます。

その為、透明感のある発色を保つように帯締め用の糸を染めるには大変な技術と経験が必要です。

糸を束ねて撚りをかけると、糸一本単位で見た時より色は濃く、影が出るからです。

帯締めとして組まれた時を想定して、予め計算しつくして染められた糸は、京の水で染めたからこその美しさです。

他に無い美しい色の仕上がりを、是非お手に取ってご高覧ください。

 

この帯締めは色にもう一つ工夫をしております。

それが「白抜きによる細見え効果」です。

帯締めの地色は単色ではなくぼかしに染めております。

息抜きとなる白場は、ちょうど結び目にくるよう配置しております。

白は最も明度が高い色。

ですので、お化粧をする際にTゾーンにハイライトのお粉をのせるのと同じ効果が得られます。

女性の体は美しい曲線を描きますが、正面を明るく、脇に色を入れることでより立体的な視覚効果を実現しました。

礼装用の帯は、唐織や金銀糸をふんだんに使った錦など、ボリュームがございます。

その帯を受け止める帯締めは、白の効果ですっきりと。

蓮佳好みの細めの幅で組んだ帯締めで、「360度綺麗」な着こなしをお楽しみください。

 

勿論お手入れがしやすいよう、房はより房仕立にしております。

地色と共色で染めましたので、着姿もより美しく見えます。

 

---------------------------

 

【ご着用シーン】

 

訪問着や付下など、礼装に最適です。

結婚式や初釜等のお茶会、古典芸能の舞台等にお使いください。

 

【伝統色のパーソナルカラー:秋、秋好中宮】

 

秋のシーズンカラーを持つ方は、ソフトな色がお似合いになる方と、ディープな色がお似合いになる方に分かれます。

このお色は春寄りのオータムのシーズンカラーの方により映えるでしょう。

勿論同じイエローベースの春の方も着こなして頂けます。

帯締め | 貝ノ口組 瑞雲(鶸色)

¥29,000価格
: 鶸
季節
サイズ
伝統色のパーソナルカラー

​営業時間

 

open 11:00-17:00

close   日・祝(不定休)

tel: 075-286-4815

mail:   info@gekkosha.kyoto

【事務所】〒603-8215

京都府京都市北区紫野下門前町66番地8

株式会社 月虹舎

京きもの | 蓮佳-renca- 

​ご利用ガイド

shop info​

​ご来店について

只今移転拡充準備中の為、ご来店対応は京都市岡崎の旅館、「山科伯爵邸・源鳳院」にて承っております。

恐れ入りますが​ご来店の際は事前にご希望日時をお知らせくださいませ。

定休日のご来店をご希望の場合は、ご都合に合わせて調整させて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

​ニュースレター購読

​SNS follow us

  • Grey Facebook Icon
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン