武士の持つ刀の下げ緒に使われ、貝の口のように堅い組であることから呼び名が付いた貝ノ口組。

亀甲に錆金糸を配したシックな帯締めです。

 

深味があり、伝統色の持つ重みのある色ー。

亀甲の組には格式がありますので、選択したのは自然と重みのある色になりました。

深い色だけでは現代を生きる女性に使い辛いと感じましたので、それぞれ意外性のある明るめの反対色をぼかし合わせと致しました。

 

この帯締めは色にもう一つ工夫をしております。

それが「白抜きによる細見え効果」です。

深い色にほっと息を抜くような白抜きは、この帯締めの大きなポイントです。

帯締めの地色は単色ではなくぼかしに染めております。

息抜きとなる白場は、ちょうど結び目にくるよう配置しております。

白は最も明度が高い色。

ですので、お化粧をする際にTゾーンにハイライトのお粉をのせるのと同じ効果が得られます。

女性の体は美しい曲線を描きますが、正面を明るく、脇に色を入れることでより立体的な視覚効果を実現しました。

礼装用の帯は、唐織や金銀糸をふんだんに使った錦など、ボリュームがございます。

その帯を受け止める帯締めは、白の効果ですっきりと。

蓮佳好みの細めの幅で組んだ帯締めで、「360度綺麗」な着こなしをお楽しみください。

 

勿論お手入れがしやすいよう、房はより房仕立にしております。

地色と共色で染めましたので、着姿もより美しく見えます。

 

---------------------------

 

【ご着用シーン】

 

訪問着や付下など、礼装に最適です。

結婚式や初釜等のお茶会、古典芸能の舞台等にお使いください。

 

【伝統色のパーソナルカラー:秋、秋好中宮】

 

この帯締めは、4つの季節の中で最も深い色が似合われる、オータムのシーズンを持つ方に最適です。

格式と重みのある帯締めですので、この帯締めを締めて頂ける方は、きっとそれなりのお立場にある方でしょう。

凝った総刺繍の着物や、桃山の重厚な時代を写した唐織、辻が花のシックな着物等、趣味性の高い素晴らしいお道具には、こちらの帯締めがすっと嵌るかと存じます。

 

同じく深みのあるカラーがお似合いになるウインターの方も、松葉色と臙脂色は着こなして頂けます。

帯締め | 貝ノ口組 亀甲

¥34,000価格
季節
サイズ
伝統色のパーソナルカラー

​営業時間

 

open 11:00-17:00

close   日・祝(不定休)

tel: 075-286-4815

mail:   info@gekkosha.kyoto

【事務所】〒603-8215

京都府京都市北区紫野下門前町66番地8

株式会社 月虹舎

京きもの | 蓮佳-renca- 

​ご利用ガイド

shop info​

​ご来店について

只今移転拡充準備中の為、ご来店対応は京都市岡崎の旅館、「山科伯爵邸・源鳳院」にて承っております。

恐れ入りますが​ご来店の際は事前にご希望日時をお知らせくださいませ。

定休日のご来店をご希望の場合は、ご都合に合わせて調整させて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

​ニュースレター購読

​SNS follow us

  • Grey Facebook Icon
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン