帯締めが全体を引き締める仕上げなら、帯揚げは着物と帯を繋ぐバランサーです。

ほんの僅かの面積でありながら、着る人の個性を演出する帯揚げ。

そんな帯揚げに、使いやすく可愛い一枚をご用意しました。

 

まず生地は締めた時にもたつかず、かつふっくら仕上がる小しぼ縮緬。

着物や帯の邪魔をしない白地に、五色で蝶をぼかしました。

工夫しましたのは取り方で、片方の大きな蝶は左胸の下に、ぼかし色のみが出ます。

そして右脇に小さな蝶が留まるように致しました。

本結びをして端を上に出す方は、右側に一羽蝶がでますが、端を中に仕舞い込む方は片方は生成ですっきりと見える着姿になります。

 

意外と後ろから帯枕にかかる帯揚げは目立つものです。

脇の部分にもワンポイントを施した帯揚げで、「360度綺麗」な着こなしをお楽しみください。

 

---------------------------

 

【ご着用シーン】

 

紬から小紋、付下訪問着にオールマイティーな帯揚げです。

帯揚げ | 小しぼ縮緬 蝶ぼかし(京好み)

¥16,000価格