この佇まい、只者ではありません。

 

着物を辛口に着る方に是非お勧めしたい一枚です。

まず生地が「精好(せいごう)」です。

 

精好という言葉は、袴地の精好仙台平が有名なので、ご存知の方も多いと思います。

経糸が大変細く、緯糸に生糸を使用した平織り組織で、無地の精好は神官の式服にも使われます。

着尺地としての精好は、ごまかしが効かないため非常に技術を要する織組織です。

 

経糸が緻密であるということは、生地自体に風合いが生まれ、地組織が上質であるということです。

糸が細いため軽く薄いのに、何ともいえないふわりとした生地感と光沢が生まれます。

 

その生地をほんのり梅色を噛んだような鼠に染め、手描きで2色の金の線を手なりで施しています。

金彩の線は段違いに仕立てるとなお着物の面白さが引き立ちます。

 

凛とした生地の威風堂々とした風格を、是非お楽しみください。

 

---------------------------

 

【 ご着用シーン 】

 

観劇、お出かけに。

 

---------------------------

 

【伝統色のパーソナルカラー、秋、秋好中宮】

 

秋の方は通常鼠より白茶が映えるのですが、この鼠は梅色を噛んだようなほんのり赤味のある鼠ですので、オータムさんに映える鼠です。

ただ、オータムさんの中でもグレイッシュトーンが似合う方に限られます。

 

ウインターさんもお召し頂けまが、その場合は帯を黒地にして頂くか、青藤色にしてみてください。

小紋 | 鼠地 精好 手描金彩

¥243,000価格
  • 商品詳細

    • 素材  正絹
    • 季節  袷
    • TPO 観劇、お出かけに
    • お仕立て納期  ご注文受付から約1カ月~一カ月半(ご着用日が決まっている方はご相談ください)
  • 帯のお仕立てについて

    帯のお仕立て方法についてはこちらよりお選びくださいませ。

    相談をご希望される場合はこちらよりお問い合わせください。

  • 購入前のお手元現物確認・お取り置きについて

    購入を検討してくださっている方も、写真だけでは質感や実際の色がわからずご不安に思われていらっしゃると思います。

     

    もしご来訪頂くか、展示会及び出張先にご足労頂ける方、及び関西圏(愛知から兵庫まで)ご在住でご自宅訪問可の方は、実際の品をご確認頂けるまで、一週間の期間でお取り置きをさせて頂きます。

     

    直接確認が難しい方は、商品代金を一旦お振込み頂けましたらご自宅まで未仕立ての状態でお届けさせて頂きます。

    お手元で確認して頂き、イメージと違いましたら往復の送料に加え、梱包手数料(一律¥1,080‐)を差し引いた金額を返金させて頂きます。

    お気に召して頂けた場合は送料・手数料共に弊社で負担の上、お仕立てにかからせて頂きます。

     

    ご相談・お問い合わせはこちらまでお願い致します。

​営業時間

 

open 11:00-17:00

close   日・祝(不定休)

tel: 075-286-4815

mail:   info@gekkosha.kyoto

【事務所】〒603-8215

京都府京都市北区紫野下門前町66番地8

株式会社 月虹舎

京きもの | 蓮佳-renca- 

​ご利用ガイド

shop info​

​ご来店について

只今移転拡充準備中の為、ご来店対応は京都市岡崎の旅館、「山科伯爵邸・源鳳院」にて承っております。

恐れ入りますが​ご来店の際は事前にご希望日時をお知らせくださいませ。

定休日のご来店をご希望の場合は、ご都合に合わせて調整させて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

​ニュースレター購読

​SNS follow us

  • Grey Facebook Icon
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン